TRON創業者、イーサリアムとの協力を仄めかす?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

XRPが牽引

週末のBTC相場は堅調な展開。SECのガイダンス発表を受けて60万円トライとなったBTC相場だが、期待に反して内容が難解で一気に証券問題に片が付くとの期待が外れてXRPなどが急落する中、53万円台へのディップを見せるがその水準で下げ止まるとXRPの大幅反発もあり56万円近辺に値を戻した。背景として、本邦同様XRP人気が強い韓国での規制緩和期待や創業者による大学への寄付などが挙げられるが、今回の上げ相場で最も買い材料があったXRPの出遅れに対する循環物色的な色合いが強かったか。その後はBloombergによるBTCが買われ過ぎとの報道などもあり上値を重くするも、CMEのBTC先物が過去最高を記録したとの報道や堅調なアルトコイン相場もあって再び上値を探る展開となっている。

Outlook

続きはこちら


本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。