反落の背景は?大型連休は日本だけのものではない。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

始動はBNBか

昨日のBTC相場は反落、長期休暇を前にポジション調整を行った形となった。機関投資家参入に向けた市場整備が一歩進むという見方もあり60万円台に乗せたBTC相場だが、短期筋のショートカバーで63万円台まで上昇したいた。その後、NasdaqがBTCベースの商品をテスト中との報もあり63万円をトライするも失敗すると、ジョン・マカフィー氏がサトシ・ナカモトを近日中に公開するとの報に値を下げ始めた。同氏が保有する大量のBTCの売りを懸念したか。その後、公表のが延期が伝わると再び63万円をトライするも利食い売りと短期筋の新規のショート作成に跳ね返されると、IEOの抽選参加条件だった保有期限が終わったBinanceコイン(BNB)の売りをきっかけにアルトコインが全面安となり、BTCも60万円台までの下落を見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。