58万円台に反発。ノートルダム寺院再建募金も影響?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

Binanceショック乗り越える

昨日のBTC相場は、Binanceショックで下落するも反発、いわゆる下に往って来いの展開となった。BinanceのBSV上場廃止はShapeshiftやBlockchain Walletもサポートを停止、クラーケンも廃止を検討するなど広がりを見せたていた。当初はBSVが下落し、BCHが上昇する動きだったが、交換所による恣意的とも思える扱いを嫌気してか、BTC相場も55万円に下落した。しかし、その水準で底堅さを確認すると、OKexは上場廃止しないと方針が伝わり、またSBIバーチャルカレンシーがBCHの上場廃止を発表で下げていたBCHが反発するとBTCも反発に転じ58万円台へ急騰した。折しもBlockShowがBTC・ETHでのノートルダム寺院再建募金を呼び掛けた頃合いであり、何らかのきっかけを与えた可能性はあるか。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。