ビットコイン一時60万円付ける。その背景は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

IEOがきっかけか?

昨日のBTC相場は上に行って来いの展開。3度目のトライで一時60万円に乗せるも反落している。アルトコインへの循環物色が一巡、一昨日はTRONの上昇で59万円台には乗せるも後が続かず、58万円台での取引が続いていたBTC相場だが、中国がマイニングの中止を検討しているとの報道に57万円台まで値を下げる。しかし、本当に中止するかは不透明で、仮に禁止されたとしても、マイニングの中国集中が是正され、またコストの上昇によりBTC価格にプラスとの見方も浮上、57万円台で底堅さを見せた。58万円台に値を戻すとOKexのIEOが1秒で完売、価格も20倍近くまで急騰した事もありBTCは高値を抜け60万円台に乗せるが、NY州がBittrexの免許を却下した事もあり58万円近辺に反落している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。