イーサリアム「年末までに2500ドルに」、金融コンサル会社が予測

 金融コンサルタント会社のデビエグループ(deVere Group)は、イーサリアムの価格が今年末までに2500ドルになるとの予測を出した。マーケットウォッチが27日に報じた。

 デビエグループは、デジタル通貨とスマートコントラクトの利用が拡大すると予測し、この2番目に大きい仮想通貨が大幅に成長し、4倍になるだろうと予測する。デビエグループの創業者兼CEOのナイジェル・グリーン氏は、マーケットウォッチに次のように語った。

「イーサリアムの価格は今年、大きく伸びるだろうと予測している。18年末までには2500ドルになるだろう。19年、20年にはさらなる成長が見込める。…この大きな成長には3つの主要な要因がある。第1に、多くのプラットフォームが取引の手段としてイーサリアムを使っている。第2に、イーサリアムのスマートコントラクトの利用が増えるだろう。第3に、クラウドコンピューティングの分散化だ」

 グリーン氏はまた、仮想通貨市場への規制の導入は時間の問題だろうと述べた。グリーン氏によれば、規制の導入は市場の信頼感と投資家保護の向上につながる。記事執筆時点でのイーサリアムの価格は約670ドルで、時価総額は664億ドルとなっている。

 またビットコインについては、グリーン氏は「ビットコインは今後数週間は一進一退の動きが続くだろう。急激な価格上昇があれば、それに続いて修正局面が訪れる」と予測する。

  • フォローはこちら: