トロン、P2Pファイル共有のビットトレント買収を正式発表

 トロンは24日、ファイル共有サービスのビットトレントの買収完了を正式に発表した。トロンの創設者である、ジャスティン・サン氏がコミュニティ向けのレターを掲載した。買収額については公表されていない。

 ビットトレントは01年からスタートしたプロジェクトであり、ユーザーが共有可能なコンテンツをアップロードする「シーディング」に依拠している。

 サン氏はレターの中で、ビットトレントは「分散型ムーブメントの起源」だと称賛した。

「ビットトレントは、…大規模でグローバルなアプリケーションとして最初の分散型のインターネットプロトコルだ。かつてはインターネットトラフィックの40%を転送しており、今日においても、世界最大の分散型プロトコルの地位を維持している」

 サン氏によれば、ビットトレントとトロンは完全に統合され、ビットトレントとトロンのチームも1つに統合される。サン氏は、レターの中で、トロンとビットトレントが分散型ウェブというビジョンを共有していることを強調している。「ビットトレントはトロンのエコシステムと統合することで新たな命が吹き込まれるだろう。そしてトロンはビットトレントのプロトコルのレガシーを引き継いでいく」と語る。

 トロンがビットトレントを買収する噂は今年5月から流れていた。6月には買収が最終的に確定したとの報道も一部で出ていた

 コインマーケットキャップのデータによれば、トロン(TRX)は時価総額は23億ドルで、11番目に位置する仮想通貨だ。現在は0.04ドルで取引されている。