米SECとCFTC  不正規のビットコイン先物業者を告訴 証券取引法違反で【アラート】

米国証券取引委員会(SEC)と米商品先物取引委員会(CFTC)が、ビットコイン先物プラットフォーム「1Broker」を証券取引法違反の疑いで告訴した。コインデスクが伝えた

告訴されたのはマーシャル諸島を拠点に1Brokerを運営する1pool Ltd.。同社CEOのパトリック・ブルンナー氏が、米国をはじめとする各国投資家に連邦法で定める「投資一任に関する適切な取引基準」を無視し、当局に登録のある取引所を介さずに証券をベースとしたスワップを販売した疑いがもたれている。また、これらスワップを販売する際に、ビットコインでの支払いしかうけつけていなかったという。

SECは1Brokerが証券派生スワップ・ディーラーとして公式に登録されていないと主張し、ブルンナー氏および同社に対して制裁金および「利子付きの不当利益吐出し」を伴う永久的差止命令を出す構えだ。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)