仮想通貨マイニング機器最大手ビットメイン、香港証券取引所に上場申請【アラート】

北京に本拠を置く仮想通貨マイニング大手ビットメインが26日、香港証券取引所(HKEX)に正式に上場申請を出したことがわかった

ビットメインの新規株式公開(IPO)はかねてより、数兆円規模になると注目を集めていた。まだHKEXからのヒアリング待ちのため正式な調達額は不明だが、今年8月時点ではFacebookによる調達額をも上回る約180億ドルだと予想されていた。

上場申請書類によると、同社の2017年における年間売上は約25億ドル。2016年の約2億7700万ドルと比べて大幅増となった。今年の6月30日時点での売上は約28億ドルを記録している。

また昨年の利益は約12億ドル、2018年上半期は約10億ドルと2016年の約1億5000万ドルから上昇。課税前だとそれぞれ2016年は約1億3700万ドル、2017年は約8億9700万ドル、2018年上半期は約9億700万ドルだった。

また、6月30日時点でビットコイン(BTC)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)建てで約8億8690万ドル(約999億円)相当の仮想通貨を保有している。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)