仮想通貨は匿名じゃない? FBI捜査官がブルームバーグ記者との対談で明かす

先日ブルームバーグのカンファレンスで行われたパネルディスカッションで、「仮想通貨ビットコイン(BTC)は『非匿名』で簡単に追跡できる」という見解が発表された。AMBクリプトが伝えた。ビットコインなど仮想通貨は「匿名性」が担保されているという一般的な理解とは異なる見方だ。

パネルディスカッションに参加したのはブルームバーグの金融ジャーナリストで、仮想通貨に詳しいカミラ・ルッソ氏と、仮想通貨や闇取引の捜査を担当するFBI職員。
職員の話では「ビットコインの誕生初期は約90%が闇取引に使われていたが、現在は10%にまで減少している」という。

闇取引や資金洗浄(マネーロンダリング)はまだビットコインと切り離せない関係にある。ルッソ氏はこれに対して「ビットコインは本来、送金やクロスボーダー決済などに使われるべき。以前よりは良くなったが、今はまだ不正利用が後を絶たない。」とコメント。仮想通貨やブロックチェーンなどの新興技術を利用するにはある程度の知識が必要で、広く普及させるにはまだ不十分だと語った。

また「ビットコインなどのデジタル通貨は匿名で追跡が難しいと思っている人が多いが、これは違う。仮想通貨は実際には『非匿名』で、IPアドレスを使って取引を簡単に追跡できる。」と、仮想通貨を犯罪に利用することで逆に追跡が容易となる可能性も示唆した。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)