仮想通貨取引所ビットフィネックス、法定通貨の入金受付停止から3日 「出金は通常通り」も遅延続出

仮想通貨取引所ビットフィネックスが15日、同取引所における出金サービスは「通常通り、何の問題もなく運営している」とMediumで発表した

ビットフィネックスは先週より一部の法定通貨入金を一時停止しているが、今回ユーザーの不安を解消するため「入金は停止中だが、すべての仮想通貨および法定通貨の出金には影響なし」と強調。
上述の法定通貨入金停止は一部のグループのみに限定した措置で、16日中には回復する見込みだという。

しかし一部の顧客からは「出金依頼をしてから12時間も待っている」など、法定通貨と仮想通貨の両方で問題報告が多く寄せられている。ビットフィネックスのマーケティング責任者であるカスパー・ラスムッセン氏はこれに対して以下のように釈明している。

「法定通貨の出金は可能だが、システムのバックログに着手している関係で一部遅延などの影響が出ている。正確な着金時間は予測できないが、出金依頼は処理中で、個々のトランザクションもしっかりと監視しているので安心してほしい。」

仮想通貨の出金についても、「仮想通貨は入出金ともに利用できるが、システムやユーザー環境など様々な要素により一部遅延が発生することがある」とのことだ。

(仮想通貨ニュース@コインテレグラフ )