中国人民銀研究員「人民元と連動するステーブルコイン発行を支持」主管雑誌に投稿【アラート】

復旦大学の王華慶(ワン・ファチン)特別教授と中国人民銀行上海本部副研究員の李良松(リー・リャンソン)氏が連名で、中国人民銀行主管の経済雑誌「中国金融」に、人民元の準備金に裏付けられた仮想通貨、いわゆるステーブルコインの発行を支持すると発表した。金色財経が伝えた

記事のタイトルは『簡析数字穏定幣』(デジタル・ステーブルコインを簡単に分析する)となっており、ステーブルコインに関する研究の重要性について説明している。

記事は「実体経済における米ドルと連動したステーブルコインの役割や経験を参考に、そのメリット及びデメリットを考慮した上で、中国国内で人民元と連動するステーブルコインの発行を前向きに支持する」と論述。さらに中央銀行発行デジタル通貨の実験的な導入も進めるべきだと主張した。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)