マスターカード、異なる種類のブロックチェーンをひとつにまとめる特許を取得【アラート】

米カード決済サービス大手マスターカードは9日、複数の異なる種類のブロックチェーンを同一のブロックチェーンに記録することができる特許を取得したことが、米国特許商標庁の開示資料から明らかになった

従来は複数の異なる通貨に対して、複数のブロックチェーンを必要としたが、この技術を活用することで、ひとつのブロックチェーンで複数の異なる通貨をサポートすることが可能になる。また、コンピューティングリソースや処理能力を削減することができる。

マスターカードは日本でも知名度抜群のカード決済サービス業者だが、米仮想通貨会社デジタルカレンシーグループ(DCG)にも初期から出資するなど、次の時代への布石は打ってるようだ。

DCGは米ブロックストリーム、仮想通貨取引所ビットフライヤー、仮想通貨特化型メディアのコインデスク、などにも投資している。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)