米CME、仮想通貨ビットコインのオプション取引を来年に開始へ

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が2020年の第1四半期(1-3月期)にビットコインのオプション契約を始める

CMEによると、ビットコインのオプションは現在規制当局による審査待ち。

CMEで株価指数と代替商品の責任者を務めるティム・マコート氏は、オプション取引への顧客の需要が根強いことやビットコイン先物市場が堅調に成長していることを指摘。「オプションの立ち上げはトレードに柔軟性をもたらし、ビットコインの価格リスクをヘッジする手段になる」と述べた。

オプション取引は、ある特定の商品をあらかじめ定められた期日までにあらかじめ定められた価格で買うまたは売る権利。買う権利を「コールオプション」、売る権利を「プットオプション」という。

CMEは、ビットコイン先物を2017年12月に立ち上げた。それ以降、1日平均で7000契約数(約3万5000BTC相当)が取引されている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版