CMEのビットコイン先物の「ギャップ」埋まる アナリストは「ポジティブサイン」【仮想通貨相場】

23日の仮想通貨相場は全面安の展開となった。記事執筆時点で、ビットコインは過去24時間比で3%下落し、8000ドルを下回っている。

出典:Coin360

BTC先物の「ギャップ」埋まる

仮想通貨アナリストのThe Moonは、CMEが提供するビットコイン先物価格のチャートに注目する。

CMEのBTC先物にはマーケットが休みの際にチャート上に「ギャップ(窓開け)」が生まれる。このギャップは、これまで経験的に埋められる傾向があった。

今回のビットコイン価格の下落で、今週に作られた「ギャップ」(8130ドルから8160ドル)が埋められた。The Moonはこれは基本的にポジティブなサインだと指摘する。

「デイリーチャートではこれまで、すべてのギャップが埋められてきた。今回ギャップが埋められたことで、ギャップを埋めるために価格が下がる心配をしなくて済む。基本的に良いことだと評価したい」

5月にも大きなギャップが存在するが、これについては「かなり時間が経っているが、可能性としては埋めようと価格が動くかもしれない」とも指摘。その際には、このギャップを埋めてから上昇するシナリオもあり得るだろうと述べた。

出典:TradingView

CMEのBTC先物チャートに生じる「ギャップ」については、eToroのマティ・グリーンスパンなども価格分析の際に注目ポイントとして挙げていた