中国検索大手バイドゥ dApps(分散型アプリ)開発を容易にする「ブロックチェーン・エンジン」を公開

中国の検索およびWebサービス大手企業バイドゥ(百度)が、モバイル向けdApps(分散型アプリケーション)開発を容易にするバイドゥ・ブロックチェーン・エンジン(BBE)を公開した。2月14日、バイドゥのクラウドコンピューティング部門にあたるバイドゥクラウドが発表した現在スマホでアプリを開発するのと同じくらいdApssの開発を簡単にすることを目指すという。

バイドゥクラウドは、オープンソースの商用プラットフォームこそが唯一のブロックチェーンOSとなりうると主張。BBEについて、DApps開発をモバイルアプリ同様に簡素化することを目的に、AI・ビッグデータ(Big Data)・クラウドコンピューティング(Cloud computing)からなるバイドゥの“ABC”テクノロジー戦略に基づき構築したと解説した。

BBEのデザインを手がけたバイドゥ・ブロックチェーン・ラボは、高いセキュリティを特徴とするトラステッド・コンピューティング環境、高性能と高スループット、スケーラブルなストレージ、クロスチェーン相互運用における高い信頼性、スマートコントラクト対応、コントラクトのセキュリティ監査といった6つの機能を念頭に設計したと述べた。

BBEは、バイドゥ・プライベート・クラウドと互換性も備えており、顧客は、柔軟なサービスとしてのブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)によりさまざまなビジネス向けのdAppsを実装できるという。

さらにBBEは、現在利用可能なクラウドプラットフォームの欠点となっている、非効率な単一インスタンス(仮想マシン)、高額なデータストレージなどの改善を狙っており、幅広いブロックチェーン製品・商業開発の展開に良い影響を与えるものと考えられている。

バイドゥは、「スーパーチェーン(Super Chain)」プロトコルの設計概要を示したBaidu Blockchain White Paper V1.0を昨年9月に発表している。スーパーチェーンは、複数サイドチェーンをサポートするネットワークとなっている。