中国で訴訟でのブロックチェーンやAIの利用が活発化=新華社【ニュース】

中国新華社通信は5日、ブロックチェーンや人工知能(AI)などの技術を使って今年3月から10月の間に314万件の訴訟が解決されたと報告した

中国はビッグデータやクラウドコンピューティング、AI、ブロックチェーンを使った「スマートコート」計画を推進。最高人民裁判所(SPC)が発表したホワイトペーパーによると、スマートコート計画には116万人の市民と7万3200人の弁護士が登録しているという。

スマートコートでは市民が複数のスクリーンの前で仮想の裁判官とコミュニケーションをとることで出廷する手間を削減した。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン