自動車販売スタートアップ、車両履歴データを使用したブロックチェーンマーケットプレイスをローンチ

英国・ロンドンに拠点を置く自動車会社が、ブロックチェーン技術による自動車販売ポータルを開発した。これは、特定の国や都市にまつわる取引リスクや保険リスクに関するデータに加え、自動車の詳細な履歴を提供する取引所とマーケットプレイスだ。

オートブロックのホワイトペーパーによれば、英国には6000以上の自動車ディーラーがおり、自動車の小売市場でシェアを競い合っている。英国自動車工業会が発表した18年第2四半期のレポ―トでは、17年以降、中古車の販売は減少しており、新車販売も減少傾向にある。

オートブロックは、この減少傾向はいくつかの問題が原因だと考えている。売り手側は、長期的な戦略を製造業者や輸入業者の戦略に合わせなければならない。さらにオートトレイダーやeBayなどのような大企業が市場を独占し、価格を引き下げていることで、小規模な自動車販売会社が追いやられているという。

 

オートブロックは、新しい市場を実現したいと考えている。無料のリスティングや広告、低い取引手数料の分散型マーケットプレイスを通じて、最小限の労力とコストで自動車ディーラーがグローバルな仮想通貨市場にアクセスできるようにしたいという。

自動車販売を近代化Modernizing Motor Sales

オートブロックは、2段階の解決策を提案している。まず、POSシステムと、自動車ディーラー専用の取引所を利用して、仮想通貨や法定通貨を受け入れ可能にする。これには低金利で多様なキャッシュアウトオプションも含まれている。

Auto Block proposes a two-step solution: Firstly, cryptocurrency will be utilized for a point-of-sale (POS) system and a tailor-made exchange for car dealers specifically, allowing them to accept any currency — fiat or crypto — with reduced interest rates and versatile cash-out options.

様々な通貨の決済ができるPOS用デバイス、デスクトップもしくはモバイルアプリを通じて、オートブロックは国際的なバイヤーがアクセスしやすい市場を創造し、新規および既存の小売業者が成長市場にアクセスする機会を提供したいと考えている。

これをさらに容易にするために、オートブロックは業界標準の仮想通貨になることを目指すオートコインという独自の仮想通貨を展開する。同社によると、ネイティブな仮想通貨を使うことで、セキュリティや不正防止、国際的な即時決済に至るまで、様々な利点がもたらされるという、

彼らの第2のソリューションは、新しいブロックチェーンを使った自動車販売プラットフォームだ。Autocoincars.comと呼ぶプラットフォームで、仮想通貨ユーザーに無料で車を宣伝するという。同社によると、新車及び中古車を仮想通貨で売買できる最初の専用ポータルであり、買い手側は1ヵ所で数千台もの自動車を選べるようになる。

マーケットプレイスのアルゴリズムは、ブロックチェーンを使用して中古車の属性を割り当て、車両の仕様について巨大なデータベースを作成する。データベースには、車の走行距離、製造年数、主要な修理箇所、過去の保険金請求履歴などを含む。また、売買や保険に関して、最も収益性の高い、もしくはリスクの高い場所についてのデータを提供するという。

Automotive Industry Exposure to Blockchain

世界の4大監査法人の1つ、デロイトは8月27日に公表した調査によれば、ブロックチェーンは「毎日、ブレイクアウトの瞬間」に近づいているという。また、自動車業界の57%がブロックチェーン技術について「認識しており」、「知識を学んでいる」と応え、31%が「概念実証(PoC」に取り組んでリ、12%が「自分たちのビジネスや製品に導している」と答えた。

2018年8月にリリースされたBIS Researchの調査でも、2026年までに世界の自動車関連のブロックチェーン市場は16億ドルに達すると予測している。この成長は、様々な潜在的なアプリケーションのほか、不変性、信頼性およびスケーラビリティを含む技術の多くの利点に起因するとみられている。

 

免責事項:コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資のアドバイスではない。.