ビットコインのブロックチェーンネットワークは、6月17日に過去2年で最大の難易度上昇を経験した。しかし、ビットコインのハッシュレートは大幅に低下していない。

ハッシュレートは既に回復し始めており、難易度調整に対するマイナーの反応はこれまでのところ楽観的であるようだ。Blockchain.comのデータによると、6月11日以降、ビットコインのハッシュレートは、毎秒1億100万テラハッシュ(TH/s)から1億500万TH/sに増加した。

先週の調整で難易度が14.95%増加したが、マイナーはビットコイン(BTC)のマイニングを続けている。理論的には、難易度が増加すれば、BTCマイニングに必要なコンピューティングパワーが増えるため、マイニングのアクティビティが低下するはずだ。短期的に、マイナーは操業とマイニングのための追加のコストが増える。しかしハッシュレートは足元では増えており、それは次の4つの可能性があり得るだろう。

  1. マイナーはビットコインの中期的な価格動向に自信を持っている;
  2. マイナーは難易度調整があっても利益を上げることができる;
  3. マイナーは経済的に安定している;
  4. ビットコイン市場ではマイナーからの売り圧力が少なくなっている.

ByteTreeのオンチェーンデータは、マイナーが難易度調整後にマイニングした量よりも売却していない。これはマイニングによって利益を得ていることを示唆しているだろう。特に大規模なマイニングセンターがある中国四川省では、雨季のため電気料金が低下していることも貢献しているかもしれない。

多くのマイナーが調整後も安定した立場に留まっていれば、マイニングの「死のスパイラル」の可能性が大幅に減少するだろう。機関投資家向けの取引プラットフォームのトレードブロック(TradeBlock)がツイッターで説明したように、「ビットコインのネットワークの採掘難易度とハッシュレートは、『死のスパイラル』仮説に当てはまることなく、過去最高まで上昇している」。

回復に向けた理想的な位置

5月11日にブロック報酬が半減した後、ビットコインのブロックチェーンネットワークのハッシュレートは急落すると予想されていた。これにより、ビットコインのマイニングは以前の2倍の費用がかかるようになったが、ビットコインの価格はコストの上昇を相殺するため大幅に上昇することはなかった。

3月のビットコイン市場における売却と、ビットコインの半減期の組み合わせは、マイナーとマイニング装置メーカーの両方に大きな圧力を加えた。しかし、マイニング装置大手のカナンは、マイニング装置への問い合わせが増加していると語っている。これは、カナンの第1四半期に関する決算のQ&Aセッションで言及されたように、不利な市場環境にもかかわらず、マイニングセンターが依然として拡大しようとしていることを示している。

ビットコインの価格がBTCマイニングの損益分岐点の価格を上回り、マイニング設備の需要が強いままである限り、マイニング業界全体が崩壊するのを回避する可能性が高いだろう。

四川省の雨季により、中国の主要なマイニングセンターの実際の損益分岐点は5000~6000ドルの範囲に近いと言われている。ビットコインは過去1ヶ月で9000ドル以上で取引されており、マイナーに利益をもたらしているだろう。

半減期後のマイニング装置への需要の高まりは、マイナーがビットコインの中長期的な価格トレンドに自信を持っていることを示している。過去7日間で、マイナーは6150BTCを生成し、4708BTCを売却した。したがって、マイナーは1442BTCを在庫として持っている。つまり、マイナーはマイニングしたビットコインを保存し、将来的に価格が上がるのを期待しているようだ。.

マイニング装置メーカーの統合は?

マイニング業界で予想されているトレンドシフトの1つは、マイニング装置メーカーの統合の可能性だ。現在、ビットコインマイニング装置市場は、カナン、ビットメイン、エバン、マイクロBTの4つの企業が市場を独占している。

マイクロBTのマーケティングマネージャーであるエズラ・ザオ氏は、ビットメックスリサーチのインタビューで、マイクロBTの主要な顧客が中小企業から大規模なマイニング事業者に変わっていると述べている。

「顧客ベースは中国の国外に段々と移行している。投資収益率の半減が進んでいるため、現在の難易度と価格に基づくと、(装置の寿命は)6ヶ月よりも長くなっている。同時に平均的な顧客の規模は大幅に拡大しており、中小企業や個人ではなく、より大きな資金を持つ顧客になっている」

これはマイニング装置メーカーにとって、大量の注文を短期間でこなさなければならいことを意味するこれは、業界がさらに再編される可能性があるだろう。ザオ氏は次のように説明している。

「3~5年前、業界には1つのリーディング企業があり、過去1~2年では数社のトップ企業が競争していた。しかし、今後は業界をリードする企業は2~3社になるだろう。ビットコインの半減期後、競争はより激しくなり、最も競争力のあるマイニング装置のみが生き残る。さらなる統合が行われるだろう。

センチメントはポジティブに

ビットコインのハッシュレートの楽観的な回復と、2020年を通じてASICマイニング装置の注文がふえているというメーカー側の動きから、ビットコイン業界に関する全体的なセンチメントは引き続き好調なようだ。サトシ・ナカモト・インスティテュートのマイケル・ゴールドスタイン氏は、次のように述べている

「ビットコインにとって素晴らしい年になった6つの理由:1.マイナーはマイニングを続けている。2.ノードは検証を続けている。3.開発者はコーディングを続けている。4.半減期による半減は維持された。5.難易度は調整を続けている。6.数は増えて続けている」

2020年第3四半期に向かうビットコインは、9000ドルを超える安定したBTC価格の維持、そして個人と機関投資家の両方による力強い需要、そしてハッシュレートの一貫した増加によって、好調な条件を維持するだろう。

このような傾向lは、マイニング事業者が収益性を大幅に低下させるリスクなしに稼働する環境を確立し、半減期と難易度調整によるマイナーの損失を相殺することにもなる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン