今後の仮想通貨相場に強気なサイン?ビットコイン情報サイトに変化

 仮想通貨やブロックチェーン関連の情報サイトとして有名なレディットで再びビットコインを話題にする人が増えており、強気相場の始まりではないかという見方が出ている。

 ビットコイニストによると、レディットのビットコイン専門チャネルであるr/Bitcoinへの登録者数は、90万人を越えた後、ビットコイン価格の下落とともに減少していた。しかし、r/Bitcoinのモデレーターが最近はこのトレンドが変わったとツイートした。

 「2017年の12月以降、r/Bitcoinへの訪問者や登録者は減り続けていた…現在まではね!強気のサインかな?」

 レディットは2010年に設立され、現在では世界14位、米国5位のサイトまで成長した。レディットの共同創業者アレクシス・オハニアン氏は仮想通貨の支持者として知られおり、7月には今年ビットコイン(BTC)が2万ドル、イーサリアム (ETH)が1500ドルに到達するという予測をしていた。