仮想通貨市場への機関投資家参入は19年第1四半期か、米経済番組で専門家が指摘

機関投資家の仮想通貨市場への参入はいつになるのか?CNBCの解説者であるブライアン・ケリー氏は、それが2019年の第1四半期になると予想している。

現在の仮想通貨市場の低迷が続いているが、ケリー氏は強気の姿勢を崩していない。仮想通貨分野を手掛ける会社フィデリティのデジタル・アセット・サービスについて触れ、「素晴らしいニュース」だと指摘。イエール大学やマサチューセッツ工科大学といった米国の著名大学が仮想通貨ヘッジファンドに投資しているのも前向きな材料だとみている。

ケリー氏は、仮想通貨ヘッジファンドとの対話の中から、「機関投資家がこの市場に参入し始めている」と番組の中でコメントしている。

「2019年の第1四半期までに多くの企業が参入したとしても私は驚かないだろう。それにこのことに関して次のようなことを考慮すべきだ。フィデリティがこの分野に参入した。またロビンフッドのようなスタートアップが、仮想通貨アプリで100万人のユーザーをわずか4日間で獲得した」とケリー氏は指摘。このような状況では、多くの機関投資家が顧客獲得に向けて、仮想通貨分野へ参入するだろうと予測する。