ビットメックスのビットコイン資金流出、「仮想通貨市場にポジティブ」=eToroアナリスト

100倍レバレッジで有名な仮想通貨取引所ビットメックス米商品先物取引委員会(CFTC)から調査されているという報道を受けビットメックスから大量のビットコイン資金が流出していることについて、楽観的に見ているアナリストがいる。

eToroのシニアアナリスト、マティ・グリンスパーン氏は、コインテレグラフ日本版の取材に対して、「実際、仮想通貨マーケット全体にとってはポジティブ」と述べた。

19日、ビットメックスが自社プラットフォームで米国人に取引をさせているかどうかを巡ってCFTCが調査をしていると報じられた。ビットメックスはCFTCに登録していない。このニュースを受けて、過去24時間でビットメックスから8300万ドル(約89億円)分のビットコインが流出した一方で、流入額は1200万ドル(約13億円)にとどまったというレポートが出た

【関連記事:仮想通貨取引所ビットメックス ビットコイン流出額が大幅に上回る

グリーンスパン氏は、「業界全体にポジティブな影響をもたらすはずだ」と指摘。以下のように解説した

行き過ぎたレバレッジは激しいボラティリティ(変動幅)の要因となる。大きなポジションが開きっぱなしの状態で突然清算に追い込まれることは、価格が不安定になる大きな要因となっている」

またグリーンスパン氏は、そもそもすでにボラティリティが激しい資産に対してレバレッジをかけることがどれほど危険なことか、ほとんどの人が分かっていないと述べた。

同氏は19日、クライアント向けのメモの中で、ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOについて、「不法なカジノ運営者」で「仮想通貨業界の代表ではない」と批判していた。