ビットコインのスケーリング問題に進展か―SegWitの支持率がついにBUを上回る

現在、マイナーたちは、今までない程に、エマージェント・コンセンサスではなく、Segregated Witnessを支持し始めている。

ビットコインのスケーリング問題に進展か―SegWitの支持率がついにBUを上回る

現在、マイナーたちは、今までない程に、エマージェント・コンセンサスではなく、Segregated Witnessを支持し始めている。

火曜日、エマージェント・コンセンサスとしても知られるBitcoin Unlimitedのマイニングプールのサポート率は41.6%に留まり、初めてSegWitのサポート率が上回った。

Coin Danceによれば、現在、SegWitとの差がわずかに開き、SegWitが42%、BUが41.5%である。

 

Explicit Mining Pool Support by Proposal

 

全体的に見れば、85%という高い数字を獲得しているSegWit2xが近い将来アクティベートされるのは間違いない。

過去24時間でマイニングされたブロックを見てみると、それぞれ合計がわずかに上昇し、エマージェント・コンセンサスが43.8%、SegWitが45.1%。SegWit2xが87.5%となっている。

主要なビットコインのスケーリング手段が受け入れられるのか、それとも拒否されるのか、先月ニューヨークで行われたコンセンサスのカンファレンスから続き、激動の数週間だ。

最近では、Bitcoin Roundtableとして知られる中国のマイニング・グループが成都に集まり、SegWitを導入し混乱を終わらせようと公式に協力を誓いあった。

しかし皮肉なことに、この問題に関するコンセンサスが果たして本当に得られるのかという難しさは、アクティベート予定日としてサマリーに記載された6月31日という存在しない日を示した誤字によって、より浮き彫りになっている。