ベネズエラでビットコイン取引高が過去最高 仮想通貨相場のサポート材料か

ビットコイン(BTC)は直近では急落したものの過去1週間、安定した値動きをしている。混乱が続くベネズエラでビットコインの取引高が過去最高を記録したことがサポート材料となっているのではという見方が出ている。

(引用元:TradingView 「ビットコイン(BTC)/米ドル(5日間)」)

ビットコイン取引高を追跡するCoin.danceによると、2月2日までの1週間、ベネズエラのビットコイン取引高が過去最高を記録した。ベネズエラの法定通貨ボリビア(VES)に対する信用不安から、ビットコイニストによると、2日までの1週間にほぼ171億ボリビア(1972BTC)が換金された。

(引用元:Coin.dance 「ベネズエラのビットコイン取引高(ボリビアからの換金額)」)

ハイパーインフレに苦しむベネズエラは、マドゥーロ大統領が仮想通貨ペトロを発行して対応しようと試みているが、その存在に疑問を呈する声が出ている。また、マドゥーロ大統領と欧米諸国の関係が悪化し、米国のポンペイオ国務長官がグアイド国会議長を暫定大統領として支持すると発表。混乱が続いている。

【関連記事:仮想通貨ペトロ始めたベネズエラ大統領が窮地に ビットコインには追い風か | ダッシュのスマホは大人気

一方、グアイド氏は、ペトロ懐疑論者でビットコイン支持派として知られ、同氏の台頭によるビットコインを使ったベネズエラ経済の立て直しに期待する声が出ている。仮想通貨の分析を手がけるFXEmpireは、「ビットコイン価格は、ベネズエラでの高い水準での活動によってコントロールされている」とみている。