イランでビットコインが267万円に、背景には経済制裁とマイニングの公式承認

 イランでビットコイン(BTC)の価格が約267万円に急騰した。過去最高を記録し、他国の相場を大幅に上回った。価格上昇の背景には、米国からの経済制裁によるリアルの下落と、イラン政府が4日に仮想通貨マイニングを産業として認めたことがある。

 米の経済制裁を受けているイランの法定通貨のリアルの価値が米ドルに対し歴史的な低さを記録する中で、イランの仮想通貨取引所EXIRでは、ビットコインの価格が過去最高値の9185万トマン(2万4000ドル、267万円)を記録した。

 これは他国で取引されている相場(約7000ドル)の240%に当たる。5日19時頃から仮想通貨市場が下落し始め、ビットコインの価格が71万5000円の現在、同取引所でのビットコイン価格は8680万トマン(=8億6800万リヤル、約229万5000円)となっている。

 最近では、通貨危機のトルコで同国のビットコインの取引高が24時間で100%以上増加している。