米最大仮想通貨取引所の口座数、大手証券会社の株取引口座数を超える

 米最大の仮想通貨取引所であるコインベースで開設された仮想通貨取引用の口座数が、チャールズ・シュワブに開設された株式取引用の口座数を超えたことがわかった。コインベースは12年6月創業。チャールズ・シュワブ(以下シュワブ社)はサンフランシスコに本社をおく米最大級の一般向け証券会社で1971年に創業されている。

 コインベースの公式サイトによると、コインベースでこれまで開設された口座数は1300万件。一年で167%の伸び率だという。一方で、シュワブ社の口座数は16年末の時点で1060万件だった。もちろん、顧客からの預かり資産でいうとコインベースはシュワブ社に及ばないが、米国人の仮想通貨に対する関心の高さがうかがえる。

   一部で「仮想通貨界のゴールドマン・サックス」といわれるコインベース。今年に入って投資ファンドによる時価評価が1000億円を優に超えており、仮想通貨業界初の「ユニコーン」企業と注目を浴びている。15年にはニューヨーク証券取引所からも投資をうけ、法人向け取引所のGDAXも運営するなど、機関投資家からの信頼も厚い。

 米国トップの仮想通貨取引所として、コインベースの公式サイトで発表される仮想通貨用取引口座数はトレーダーにとってトレンドを見極める一つの指標になっている。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー