仮想通貨ビットコイン急落、8600ドル割れ、ライトコインも1週間ぶりに60ドルを下回る【仮想通貨相場】

14日の仮想通貨相場は主要銘柄が低調で全面安の展開となっている。ビットコインは一時8600ドルを下回り、3週間ぶりの安値となった。

coin3560

(出典:Coin360 11月14日18時10分)

弱気派が8467.54ドルを下抜けすればトレンドがネガティブになるともされており、ビットコインは正念場を迎えている。

一方ライトコインも4%以上急落。この1週間サポートしていた60ドルを下回った。ライトコインは今年8月に半減期を迎えたが、継続的な売り圧力を受けている。

ライトコイン

(出典:Coin360「ライトコイン/ドル 11月14日17時30分」)

ライトコインは10月、プライバシーとスケーラビリティ改善を目指す「ミンブルウィンブル」を導入する提案を行った

ファンジビリティ(代替可能性)向上などが狙いとされる。その一方で、ツイッター上では「匿名性が高まれば、ほかの匿名通貨のように取引所で上場廃止になるのでは」という声が浮上し始めた

これに対して、ライトコインのチャーリー・リー氏は、大手のブロックチェーン分析企業や取引所とも既にコミュニケーションを取っており、アップグレードによる上場廃止懸念はないと主張している