バンカメ、ブロックチェーン「コルダ」搭載の貿易金融のマルコポーロ・ネットワークに参加

バンク・オブ・アメリカは、R3のブロックチェーン「コルダ」を搭載した貿易金融のマルコポーロ・ネットワークに参加した。マルコポーロが9月19日に発表した。

バンカメは、国際貿易の非効率性を改善して顧客により良いサービスを提供するとし、国際貿易の責任者であるジョフ・ブラディ氏は、以下のように述べた。

「マルコポーロ・ネットワークに参加することは、顧客のニーズに対応する技術進歩を貿易ソリューションにするという我々の戦略的目的のサポートとなる。従来の紙ベースの曖昧なプロセスをより効率的で簡潔にするという取引サイクルにおいて、この新しいテクノロジーがいかに我々の顧客へ高い透明性を生み出すのか、楽しみにしている」

同ネットワークのマネージングディレクターのダニエル・コッティ氏も、バンカメとの連携を楽しみにしていると述べている。

今月初め、マスターカードもマルコポーロネットワークに参加したことを発表している。

【関連記事:マスターカード、ブロックチェーン「コルダ」搭載のマルコポーロネットワークに参加


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版