アマゾンウェブサービス上でブロックチェーン・アプリ展開サービスがリリース、リップルと法廷闘争中のR3社

 金融機関等の企業向けにブロックチェーン技術を提供する米R3社が5日、アマゾンの展開するクラウドサービスであるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)マーケットプレイス上でブロックチェーンを使った金融やイーコマースのアプリを展開するサービス「CORDA」をリリースしたことを発表した。同サービスはアマゾンやAWSが直接提供するものではないが、同ネットワーク上で分散記帳技術をつかったアプリケーションを動作させたり、作成することができる。

 これに先立つ12月1日、AWSのアンディ・ジャシーCEOは自社主催のイベントでブロックチェーンには分散台帳以外の応用例はなく、当面ブロックチェーンを使ったサービスを提供する予定がないとしていた

 これは現在リップル社と訴訟中のR3社にとっては明るい動きだ。今年結ばれた2社間提携契約の中で、R3はリップルから大量の仮想通貨XRPを0.0085ドルで買うオプションを付与される予定だったが、リップル社はR3が契約義務を果たしていないと主張。リップルの価格がオプション買い価格の30倍ほどである0.24ドルまで上昇する中、1000億円相当をかけた激しい法廷闘争が繰り広げられている。もともと両社の顧客層は重なる部分があり、顧客を融通しあって利益シェアを行う構想があったようだが、うまくいかなかったようだ。