アリババのジャック・マー氏 「グリーンな社会」とブロックチェーンについて語る

中国の電子商取引大手アリババの創業者、ジャック・マー氏は17日、「よりグリーンに、より多くの人を巻き込む」社会にするためには、ブロックチェーンと他の先端技術はまだ進化しなければならないと発言した。cnBetaが報じた。過去に仮想通貨はバブルだが、ブロックチェーンの可能性を信じていると話していたマー氏だが、ブロックチェーンに対して大きな課題を課したようだ。

中国で開かれていた世界AIコンフェレンスで講演したマー氏は、ブロックチェーンが社会に果たすべき役割について述べた。お

「ブロックチェーンとIoTは、製造業界の変革を促し、『よりグリーンで、より多くの人を巻き込む』社会に貢献できない限り、無意味だ」

フォーブスによればマー氏の資産価値は、369億ドルでまもなく引退する予定だという。中国で人気のスマホ決済アプリであるアリペイは、4億5000万人の利用者がいる。

5月にマー氏は、ブロックチェーン技術はバブルではないが、ビットコインはバブルだと発言。長年にわたりブロックチェーンを研究してきたと述べ、「ビックデータの時代」において、政府や企業、個人を含むあらゆるレベルのデータプライバシーとセキュリティの問題にブロックチェーンが対処できることを強く信じていると語っていた。