ビットコインが40%暴落後15000ドルまで急反発

 ビットコインに大幅な調整が入った。

 ビットコインが17日に20078ドルをつけ高値更新したあと三日間で40%下げ、22日には11833ドルをつけた。その後23日、15500まで急反発。激動の一週間だった。

 Havvenとよばれる仮想通貨の創始者であるカイン・ウォルウィック氏はコインテレグラフの取材に答えて「10000ドルという心理的に重要な節目で買いが入ってリバウンドした」。

Bitcoin Charts

 長期保有をきめこむ投資家は反発をみて楽観視しているようだ。

 一方で、ゴールドマンサックス出身でビリオネア投資家のマイケル・ノボグラッツ氏が市場環境の変化を理由に仮想通貨ファンド立ち上げを延期するなど、強気から様子見にスタンス変更する投資家もいる。