プレスリリース

分散化価値ネットワークのTOKAU(トカユ)は13日、独自のメタバース(仮想空間)プラットフォーム「Meta City」(メタシティ)のローンチを発表した。

TOKAUは米著名ラッパーのスヌープ・ドッグや米NBAで殿堂入りを果たしているアレン・アイバーソンなどの有名人と連携して NFTを発行したことがある。なお、「Meta City」(メタシティ)は、日本ブロックチェーンVC Samurai Capitalのサポートとインキュベーションも受け、急速に構築された日本のコミュニティを提供した。

今回新たに発表されたメタシティでは、仮想空間上で土地やアイテムを売買できるプラットフォーム。GameFiと NFTなどを組み合わせている。

GameFiとは

ゲームとDeFi(分散型金融)からの造語で、いわゆる「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」などのインセンティブ設計を採用したゲームのエコシステムの総称。アクシーインフィニティが代表格として挙げられる。

プロジェクトの初期フェーズでは、150,000箇所のランドはまずTOKAUトークン及びTOKAUプラットフォームのNFT保有者向けに公開予定。なおNFT保有者向けの先行セールは年内に終了する。

メタシティ内では、暗号資産(仮想通貨)のステーキングが可能で、TOKAUトークンをステークすることでOre NFTをもらえる。Oreは「鉱石」を意味しており、メタシティ内ではOre NFTが主な価値の交換手段だ。

長期的にはメタシティ内でメディアセンターやファンクラブ、セカンダリーマーケットなども実装を予定。さらなる NFTの活用方法も拡大していく方針となっている。
また、Dennis Tok CEOは将来的なDAO(自律分散組織)化なども検討しており、メタシティ内で有名人と触れ合う機会も視野に入れているという。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー