プレスリリース

仮想通貨は資産クラスとしては価格変動が非常に大きい。バイ&ホールドを戦略とする投資家にとっては、ボラティリティはなるべく避けて通りたい。苦労して手に入れた額の20%あまりを1日にして失うなんて考えられないだろう。15時間で23%を失ったら?これはかなりの痛手だ。

しかしトレーダーにとっては、ボラティリティは素晴らしいものだ。市場がテーパータントラムのときに低い金額で投資し、ユーフォリアのときにリスクを手放す。投資銀行のマーケットメーカーの醍醐味である。

アルゴリズムの作成と同じ原理を適用して、全体の設定を自動化できたら、それは素晴らしいのではないだろうか。仮想通貨取引ボットは、利益の創出を目標とした多様な仮想通貨の自動売買を適時に実施するコンピュータープログラムである。

これは文字通りの意味を持つ。ただ注意したいのは、すべてのボットが利益を生むわけではないということだ。実際には、ほとんどが利益を生まないと言えるだろう。ボットを作るのは簡単だが、利益を生むかどうかは別問題である。

ボットは、実際に利益を生み、かつ、リスクが調整されているという観点を考慮して同じコインを買い、保持し続ける場合よりもその利益が大きいことが理想である。

リスクが調整されていると言う場合、投資の際に負うことになるマイナス利益とプラス利益を比較した場合に、プラス利益の方が良いことを意味する。次のように考えてみると分かりやすいだろう。

どちらがより良い選択だろうか?

1. 利益がマイナスになることがなく毎日1%の利益があり、年間の総収益がプラス250%である。

2. 利益は毎日異なるが(月曜日 +10%、火曜日 -5%、水曜日+3%など)、年間の総収益がプラス500%である。

おそらく1番を選ぶ人が多いのではないだろうか。

1番は安定性がある。安定性があると、リスクを負う可能性は大きく減る。

実際、2番の年間収益が1000%であったとしても、1番の安定した利益を選ぶ人は多いだろう。

鍵となるのは、複利である。安定した(大きな)利益と急激な変化という正反対の選択肢が提示された時、いくら将来的に高い利益を得られる可能性があっても、大体の人は安定したオプションを選ぶだろう。

仮想通貨は資産クラスとしては価格変動が非常に大きく、信頼性が弱い。投資資産の購入と長期保有を考えている場合、ボラティリティはなるべく避けて通りたい。苦労して手に入れた額の20%あまりを1日にして失うなんて考えられないだろう。

しかし、繰り返しになるが、トレーダーにとってはボラティリティは素晴らしいものだ。市場がパニックに見舞われたときに低い金額で投資し、上向きのときにリスクを手放すのがトレーダーとしての醍醐味だ。

アルゴリズムの作成と同じ原理を適用して、全体の設定を自動化できたら、それは素晴らしいのではないだろうか。phpTraderではそれが可能になる。

仮想通貨の取引ボットは、利益の創出を目標とした多様な仮想通貨の自動売買を適時に実施するコンピュータープログラムである。ただ注意したいのは、すべてのボットが利益を生むわけではないということだ。実際には、ほとんどが利益を生まないと言えるだろう。ボットを作るのは簡単だが、利益を生むかどうかは別問題である。難しいのは、一定のペースで利益を生むかどうかである。

ボットは、実際に利益を生み、かつ、リスクが調整されているという観点を考慮して同じコインを買い、保持し続ける場合よりもその利益が大きいことが理想である。

次のように考えてみると分かりやすいだろう。

どちらがより好ましい選択だろうか?

1. 利益がマイナスになることがなく(利益マイナスが0日)毎日1%の利益があり、年間の総収益がプラス250%である。

2. 利益は毎日異なるが(月曜日 +10%、火曜日 -5%、水曜日+3%など)、年間の総収益がプラス450%である。

1番は安定性がある。安定性があると、リスクを負う可能性は大きく減る。

実際、2番の年間収益が1000%であったとしても、1番の安定した利益を選ぶ人は多いだろう。

鍵となるのは、複利である。安定した(大きな)利益と急激な変化という正反対の選択肢が提示された時、いくら将来的に高い利益を得られる可能性があっても、利益が一定している方を選ぶのが最良の選択だろう。

高い収益だけでは十分ではなく、高いリスクに備えることが必要である。これは仮想通貨取引ボットにとって興味深い課題である。ダメージを受けることなく仮想通貨最大限に活用する方法を見つけることができるのである。急激な変化の多いオプションで得られる利益よりも、さらに魅力的な投資になるだろう。

PhPセットは、一定の利益を生む2種類の自動売買プログラムを開発中

phpTrader取引ボットは、仮想通貨の交換、または同一通貨の交換時の価格差を分析し、取引を成立させて利益を生む。主要な取引リソースには、一般顧客や主要な株主の投資資産が含まれ、利益は投資額の割合に基づき再分配される。基本的に、phpTraderは、ハイリスク・ハイリターンの取引よりも一定の利益を維持することを目的としており、この手法は世界中から好評を得ている。

phpTraderは2種類の取引ボットを開発中だ。本社で投資資産を探し出し、取引所に直接分配する手法ではなく、交換や個人が開設したウォレットを基軸にして取引ボットが投資のタイミングと、利益の予想レートを提供する。

実際の取引を成立するこの種類の取引ボットの既存のシステムと比較すると、処理スピードの違いによる取引タイミングの遅延などの問題があり、利益は若干減る可能性もある。しかし、投資家の立場からは、投資の信頼性が向上することが期待されるため、自身の投資資産を維持することができるようになる。もう1つは取引ボットのAPIの開設だ。

現時点では、phpTraderの本社から直接取引ボットを運用するライセンスおよびAPIを提供し、外部から取引ボットにアクセスするフォーマットになる予定だ。利用者の視点から見ると、phpTraderに加え、phpTraderが開発した取引ボットを利用する様々な仮想通貨投資会社の中から自由に選択し、投資できるようになる。

この方法は、様々なチャネルを通じて多くの仮想通貨投資会社から提案されており、本社にてさらに検討が行われている。このような新たな取引ボットの開発スケジュールは社外秘であるため、少なくともベータテストが終了するまで公表される予定はない。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー