プレスリリース

AOFEX取引所はイギリス・ロンドンに拠点を置いている暗号資産取引所で、アジア地区における本部はシンガポールにある。AOFEXは最先端暗号資産取引所の一つとして、すでにアメリカMSBライセンスを取得しており、ユーザー数はすでに160万人を超えている。 

AOFEXはデリバティブ(金融派生商品)に特化した取引所であり、近頃、革新的なサービスで注目を引き寄せている。 

一、暗号資産デリバティブ市場の勃興 

ロンドンに拠点を置く調査会社CryptoCompareによると、6月における暗号通貨の取引量は40%暴落し、現物市場及びデリバティブ市場の取引量はともに40%以上も減少した。しかし一方で、デリバティブの市場シェアは5月の49.4%から6月の53.8%に上昇しており、初めて現物市場を上回ったのである。この現象については下記のようにいくつかの理由が挙げられる。 

第1、ボラティリティが激しく、収益率が現物市場より高いため、ユーザーは現物よりデリバティブ市場に魅力を感じる。 

第2、デリバティブはセカンダリーマーケットのギャップを埋めており、うまくロングとショートのバランスを取っている。現在、ほとんどの取引所は流動性が高く、ボリュームのある主流コインや人気コイン等を取り扱っているため、クジラが市場操作する可能性が低く、より公平な環境が形成されている。 

第3、暗号資産分野の法整備が進んでおり、伝統的な投資機関、投資家、ファンドが大量に暗号資産のデリバティブ市場に参入している。 

二、従来のデリバティブと比べて暗号資産デリバティブのメリット及びデメリットとは? 

金融分野における従来のデリバティブ市場と比較した場合、暗号資産デリバティブ市場のメリットとデメリットは明らかである。 メリットとしては、暗号資産デリバティブは24時間のリアルタイム注文、リアルタイム売買が可能であり、かつ柔軟性が高いのに対して、従来の市場はすべてT+1営業日で、口座開設には資格証明が必要であり、場合によっては取引サービスを行う前に厳しい条件を満たさなければならない。 

金の先物とビットコイン先物を比較してみると、どちらもT+0メカニズムで24時間取引が可能だが、市場要因、受渡し方法、レバレッジ倍率等に大きな違いがある。 

第1、金の先物市場の構造は非常に複雑で、供給側と需要側は企業や個人のほか、中央銀行、商業銀行、各種投資機関、専門のディーラーやブローカーが業務を行っている。更に、金の価格は変動しやすく、国際政治・経済要因の影響を受けやすい。ビットコインのコントラクトの場合、主にマイナー、取引所、定量ファンド、投資家、クジラの間で取引が行われている。 

第2,金の先物は、締切日に金の現物を受渡しする必要があり、一般の投資家は受渡し前にポジションを決済する必要がある。ビットコインのコントラクトには有効期限があるものの、永続コントラクトには有効期限がなく、現物なしにずっと保有することができる。 

第3,金の先物レバレッジの倍率は10倍前後、最大でも100倍程度だが、ビットコインのコントラクトは100倍を超えるレバレッジに対応しており、さらに敷居が低く、最小ポジション(通常は数十ドル)を満たしていれば取引が可能である。 

一方、暗号資産デリバティブ市場の欠点も明らかである。 一つは、デリバティブの種類が少なく、現在はコントラクトと少数のETF商品しかない。一方で、規制や業界のルールが不十分であるため、市場全体が混乱しており、人為的な市場操作や様々な詐欺、セキュリティ問題などが時々発生している。最後に、市場のボリュームが小さいため、ファンドや投資家の数が限られている。 

三、暗号資産デリバティブ分野の新興勢力として登場したAOFEX 

三大取引所が相次いでデリバティブ市場のレイアウトを完成させたことで、ますます多くの取引所がデリバティブに門戸を開き、競争が日々激しくなっている一方である。 

データによると、2020年第2四半期のデリバティブ取引量(全世界)の約50%がトップ5の取引所に集中しており、新しい取引所が参入するのはほぼ不可能と言っても過言ではない状況である。  

このような現状に対して、AOFEXはなぜ新興勢力として立ち上がることが可能だったのか?  

暗号資産デリバティブのポイントは、やはり差別化以外にほかならない。市場には似たようなデリバティブ商品が溢れているが、特定のニーズを絞って、他社が模倣できないサービスでユーザーを惹きつけるしか方法がない。 

先ずAOFEX技術チームが独自に開発したAOFEX永続コントラクトは、万全なセキュリティ対策と低遅延率で、突発的な変動相場にもかかわらず、スムーズに取引することが可能である。 

また、他の取引プラットフォームでは最低証拠金率が0.5%になると、システムによってポジションが強制的に決済されてしまう。仮にビットコインの最新価格が1万ドル場合、他のプラットフォームで100倍のレバレッジをかけると、強制清算される価格が9950ドルだが、AOFEXプラットフォームでは独自の「リスク率」計算方法によって約9910ドルに抑えることができる。 

最後に、ウォールストリートの資本管理プラットフォーム、欧米の優秀なクオンツ機関やヘッジファンドを導入し、現物取引やコントラクト取引に十分な流動性と様々な取引ツール、例えばクオンツ取引戦略、グリッド取引戦略等を提供し、ユーザーの取引体験を高め、投資ニーズに応えている。 

四、AOFEX暗号資産デリバティブについて 

・デリバティブ——オプション取引 

 AOFEXのオプション取引における価格は、すべて大手取引所Binance、Kraken、Okex、Huobi、Coinbaseに由来する。AOFEXオプション取引の最大の特徴は、激しく上下動する暗号通貨の相場で、効果的にリスクをヘッジできるところにある。 

・デリバティブ——レバレッジ取引 

 AOFEXが提供するレバレッジの保証金は自由に調整することが可能であり、有効的にリスクを管理することができる。更に、ワンクリックで暗号通貨を借りられる便利な機能を提供している一方、1日あたりの利息はわずか0.98%である。 

・デリバティブ——永続コントラクト 

    AOFEXの永続コントラクトは、BTC、ETH、EOS等主流コインをサポートしている一方、ユーザーは自由にロングとショートを選択することができる。また、最大1000倍レバレッジをかけることが可能である。 

・デリバティブ——暗号資産基金 

   暗号資産基金は、AOFEXとウォール街投資信託のICFMと共同で立ち上げた基金として、専門的な管理チームによって運営されている。 

・デリバティブ——DeFiマイニング 

 AOFEXはアクティブステーキング及びロックステーキングといった二つのサービスを提供している。アクティブステーキングは自由に入出金ができる一方、ロックステーキングは、資金をロックする代わりに高収益をもたらす仕組みとなっている。 

・デリバティブ——レッドラビット・クラウドコンピューティングパワー 

AOFEXが提供するレッドラビットは、マイニングのサプライチェーン管理、決済及び資産管理、金融派生サービス等、ワンストップ式のコンピューティングパワーサービスを提供している。 

五、まとめ 

取引所の未来は、2つの理由から、間違いなく暗号金融サービス・プラットフォームだと言える。 第一に、継続的な市場ニーズが取引所の変化を促していること、第二に、暗号資産市場とブロックチェーン産業の発展に伴い、コンプライアンスと規制の改善により、暗号資産産業が金融システムの主流に組み込まれ、より多くの従来型の機関、投資家、ファンドが市場に参入するようになる。 

取引所を金融市場に例えるとまだ改善すべき点が多いが、例えば商品の多様性、コンプライアンス、規制、市場の拡大などである。製品の多様性を実現するためには、取引所が市場に応じて革新的なサービスと製品を生み出す必要性があるが、この点において、AOFEXはほかの取引所に比べて圧倒的な競争優位がある。 

AOFEX最新キャンペーン:「AOFEX資産運用マイニング——Staking」第9弾を正式リリース! 

Staking購入時間: 

2021年8月27日11:00(GMT+8)より開始 

Staking第9弾キャンペーンの詳細: 

SOL、DOGE、ADA、EOSに対して、長期アクティブステーキングを開始(アクティブステーキング:ユーザーはいつでも入出金することが可能) 

  • SOL(最低1枚から購入):年間収益率0.8%(予想) 
  • DOGE(最低200枚から購入):年間収益率0.75%(予想) 
  • ADA(最低50枚から購入):年間収益率0.5%(予想) 
  • EOS(最低20枚から購入):年間収益率0.4%(予想)   

AOFEX公式サイト:https://aofex.info/#/ 

AOFEXコミュニティ:https://t.me/aofex_jp 

AOFEX公式ツイッター:https://twitter.com/Aofex_Japan 

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー