2016年、ブロックチェーン領域のキーマンの期待を集めるBitcoinプロジェクト

ビットコインが生まれて以来、自由市場らしく、新たな仮想通貨の製品、サービス、アプリ、ツールなどが発表されてきた。デベロッパーたちは毎日のように新たなアイデアを思いつき、その他の人々はプロジェクトの迷路に簡単に迷ってしまう。

Cointelegraphが読者がもう少し簡単に注目されるであろうプロジェクトを把握できるよう、ビットコイン産業の重要人物たちに「(自分の関わっているプロジェクト以外で)どのようなプロジェクトに期待を膨らませていますか」と聞いてみた。ただこれらの情報は個人個人の意見ということを留意して欲しい。

 

Satoshilabsの製品開発長、カミール・ブレッチャ氏はビットコインの採用に貢献するようなプロジェクトを選んだ。

Plustus.it – ビットコインでの決済を全てのNFC搭載POSにて可能にする携帯アプリ。一番の利点は承認がビットコイン専用のPOSを必要としないことと、ビットコインの状態で保持したくない場合は自動で換金してくれることである。

Smartcontract.com – Smart Contractsは近い将来第三者の助けなしで契約が結べるため、大きな役割を果たすだろう。例えばあなたがSEOを出来る人を探しているとして、契約を結んだら、条件が満たされ次第自動で支払われるようになる。

Coinprism.com – ことColored coinsプラットフォーム。Colored coinは企業のシェアの媒体として使用できる。Colored coinsにより通常の数分の一の値段でIPOが実現できる。さらにブロックチェイン上に様々な権利などの記録もできる。

OpenBazaar – Ebayのような分散型の市場で、エスクローサービスで売り手と買い手との直接的な交換を安全にする。そしてブロックチェインのようにお金の動きを不可逆性の記録するので安全である。

 

Fatcomの最高経営責任者パール・スノー氏は「私はビットコインと成長しているピットコイン用のネットワークで展開されるであろうアプリに大きく期待を膨らませています。

例えばビットコイン用のクレジットカード、ライトニングネットワーク、サイドチェインなどです。ビットコインが使用できる決済方法は2016に大きな影響を及ぼすでしょう。」と語った。

そして「さらにEthereumというビジネス関係を管理するコストを削減し効率を上げる宣言にもとても期待しています。」と続けた。

 

Bitcoin Association Sloveniaの会長ジュレ・パーク氏は「私はとにかく仮想通貨関係のすべてに期待しています。

特にMLM産業が仮想通貨に興味を持ち始めたことには胸を膨らませています。私は別にMLMなどを気に入っているわけではありませんが本気で取り組もうとしている事業が出てきていることはビットコインと仮想通貨を世間に広めるのに一躍買うでしょう。」と語った。

さらに「Bitcoin association Sloveniaの会長として一つの団体を擁護する気はありませんが2016年はビットコインが世間一般に広まる年になるでしょう。そして仮想通貨に関わっている人達全員の献身と仕事に感謝し、今私たちがしていることが子供たちの未来を作っていることをもう一度伝えたいです。」と付け加えた。

 

Bitcoinの投資家Roger Ver氏は「私はOpenBazaarとその競争相手のBitmarketsに大変興味をひかれました。どちらかが国際的な事業の在り方を変えるでしょう。私は直接かかわってはいませんがPurse.ioとBitcoinhivemind.comに投資していて双方のチームが開発しているものに大きく期待を膨らませています。」と語った。

 

Bitnationの最高経営責任者スーザン・タークオスキー・テンペルホフ氏は「Backfeed.ccには大きく驚かされました。今まで使用してきたDAOマネージメントソフトウェアの中でも一番だったからです。もうすでにBitnationで正式採用して将来的にはより使いやすいように改善したいです。」と述べた。

 

Vaultoroの最高経営責任者ジョシュア・シガラ氏は「2016年にはブロックのサイズ拡張に期待しています。それとOpenBazaarによる分散型の自由市場にも期待しています。」とコメントした。

 

  • フォローはこちら: