この記事ではSBI VCトレードの登録・口座開設手順を解説していきます。

手順に沿って進めれば簡単に口座が開設可能です。

目次

1.SBI VCトレードとは?

2.仮想通貨取引所SBI VCトレードの登録・口座開設方法をわかりやすく

3.SBI VCトレードのメリット

4.SBI VCトレードのデメリット

5.最大201,000円相当のXRPがもらえる斬新なプレゼントキャンペーン

6.まとめ

1.SBI VCトレードとは

SBI VCトレード株式会社(登録番号:関東財務局長 第00005 号)は金融業を熟知したSBIグループならではの仮想通貨取引所です。面白いのがSBIネオモバイル証券(ネオモバ )の口座開設者がVC トレードの口座を開設し条件に応じた取引をすると最大201,000円相当のXRPをもらえるキャンペーンも実施中です。

SBI VCトレードでは、「コールドウォレットで仮想通貨を保管」「マルチシグネチャで秘密鍵を管理」をはじめ、積極的にセキュリティに対する取り組みを行なっています。取引手数料や日本円出金手数料が無料でSBIグループのシナジーも今後期待できるので、口座開設をしておくのをおすすめします。

2.仮想通貨取引所SBI VCトレードの登録・口座開設方法をわかりやすく

SBI VCトレードでの登録・口座開設方法を画像付きで登録手順を解説していきます。

口座開設には、仮登録(メールアドレス登録)、本登録(本人情報の入力と本人確認書類の提出)、SBI VCトレードからの簡易書留郵便の3段階を踏む必要があります。

1.仮想通貨取引所SBI VCトレードの公式サイトトップページにある、「口座開設」をクリック。

>SBI VCトレード口座開設はこちらから

2.新規登録ページから、メールアドレスを入力。口座開設の注意事項を確認し、「確認・承諾しました」をチェックし、「アカウント作成」ボタンをクリック。

3.登録したメールアドレスに登録完了メールが届く。メールにあるURLを有効期限(2時間)以内にクリックする。

4.ログインすると「ご本人情報登録」ページが開く。

5.契約締結前交付書面や取引約款などの書類を6通をよく読み、確認・承諾をする。

6.確認事項を読み、質問事項に当てはまるかを答える。

7.「お客様情報」にて本人確認情報を登録する。

8.簡易書留郵便を受領したら、口座開設の手続きが完了となります。

3. SBI VCトレードのメリット

取引手数料や日本円入金手数料が無料!

取引手数料は無料です。また日本円での入金手数料も無料となっています。出金手数料も、SBIグループの住信SBIネット銀行を使えば、50円で済むという利点があります。ほかの取引所の銀行振込手数料と比べて、魅力的といえるでしょう。

Tポイント活用も検討

またSBI証券とSBI VCトレードの間でのTポイント活用や積極的なキャンペーンを展開する予定です。

出典:SBIホールディングス 2019年4~6月期決算説明資料より

XRPを使った積極的なキャンペーン

SBI VCトレードでは仮想通貨XRPを活用した積極的なキャンペーンを実施中です。

2019年11月29日まで、XRPの取引金額に応じて最大20万円相当のXRPのプレゼントキャンペーンを実施しています。

セキュリティ面で積極的な取り組み

仮想通貨取引所を選ぶ際に、ユーザーが気にかかる点の1つは取引所のセキュリティでしょう。

SBI VCトレードでは、「コールドウォレットで仮想通貨を保管」「マルチシグネチャで秘密鍵を管理」をはじめ、積極的なセキュリティ面での取り組みをうたっています。

またSBIが出資しているハードウォレット企業CoolBitX社とも8月にSBIグループが提携したのもあり、グループ全体を通じてセキュリティ面に積極的に取り組む考えを示しています。

4. SBI VCトレードのデメリット

取扱通貨が少なめ

SBI VCトレードが取り扱っている通貨は、ビットコイン、イーサリアム、XRPの3種類です。もしユーザーがほかのアルトコインの取引をしたいとなると見劣りすることになるでしょう。

レバレッジ取引ができない

SBIが提供しているサービスは、現物取引サービスのみ。販売所形式と、板取引の両方を提供していますが、。ユーザーがレバレッジ取引を利用したいという場合には見劣りしてしまうでしょう。

レバレッジ取引とは、元手(自分の資金)の数倍の額で行う取引のことです。少額でも大きな額での取引が行えますが、強制ロスカットがない場合元手を超える損失を出すリスクもあります。

ただレバレッジ取引については、今後提供する考えを示しているので、将来的には導入される可能性が高いといえます。

5.最大201,000円相当のXRPがもらえる斬新なプレゼントキャンペーン

SBI VCトレードが繰り広げる今回のキャンペーンの目玉は、SBI VCトレードの口座を保有していればXRPの取引金額に応じて最大20万円相当のXRPが後日もらえます、またSBIネオモバイルの口座を保有していればSBI VCトレードの口座開設で1,000円相当のXRPを後日もらえるということでしょう。

>キャンペーン公式ページはこちら

キャンペーンの構成は以下の通り。

① ネオモバの口座保有者(期間内の新規口座開設者含む)+VCTRADEの新規口座開設+当キャンペーンにエントリーで、1,000円相当のXRPをプレゼント

② VCTRADE新規口座開設完了後にエントリーで1,000円相当のXRPをプレゼント。さらにキャンペーン期間中に行ったXRPのお取引金額の合計に応じてXRPをプレゼント

③ VCTRADEに口座を持つユーザーにはキャンペーン期間中に行ったXRPの取引金額の合計に応じてXRPをプレゼント(エントリー不要)

(※キャンペーン対象者となる取引はVCTRADE(販売所)、VCTRADE Pro(取引所)における取引額の合計。ただし口座への仮想通貨の入金はカウントされないので注意しよう。)

SBI VCトレードの口座を開設し、SBIネオモバイル証券にも口座を保有している場合、もれなく1,000円相当のXRPがもらえて、取引に応じて最大201,000円もらうこともできます。そのためSBI VCトレードで口座を開設する前に、SBIネオモバイル証券え口座を開設しておくのがスマートです。

本キャンペーン実施期間

6.まとめ

前述のXRPがもらえるキャンペーンに参加したい方は上記の手順で口座開設を行いましょう。開設完了までに数日かかるので早めに申し込むのがおススメです。徹底的なユーザー目線で仮想通貨のプラクティカルユースを広げるSBIの仮想通貨取引所サービスに引き続き注目です。

SBIネオモバイル証券に口座保有者で、かつSBIVCトレードに口座開設するともれなく1,000円相当のXRPプレゼント!最大20万円のXRPキャンペーンにも参加しよう。

>SBI VCトレードの口座開設はこちらから

SBI VCトレードの会社概要

会社名 SBI VCトレード株式会社

所在地 〒106-0032 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ

資本金 19億8,000万円(資本準備金を含む)

仮想通貨交換業登録番号 関東財務局長 第00005号

加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(会員番号1005)

事業内容 仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供

設立 2016年11月1日

免責事項 : コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資や金融商品購入のアドバイスではない。