北朝鮮、”ビットコインのような”独自の仮想通貨を開発中

北朝鮮が独自の仮想通貨の開発を始めたとVICEニュースが18日に報じた。狙いは経済制裁を避けるためだという。

北朝鮮の文化関係委員会の代表であるアレハンドロ・カオデベノス氏によると、仮想通貨は開発の初期段階にある。北朝鮮のウォンをデジタル化する計画はなく、「ビットコインやその他の仮想通貨のようになる」という。

独自仮想通貨開発の狙いは、「国際社会による経済制裁と米国主導のグローバル金融システムを避ける」ことだ。

北朝鮮は、世界の仮想通貨取引所へのハッキング攻撃の疑いがかけられている。

先日、米財務省は、北朝鮮が支援するサイバー犯罪集団「ラザルス(Lazarus)」など3グループを制裁対象に指定した。

【関連記事:仮想通貨取引所への攻撃や不正マイニングで知られる北朝鮮ハッカー集団、米財務省が制裁対象に

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版