マレーシア中央銀行、仮想通貨の規制決定に近づく

地元の報道によると、マレーシア中央銀行”Bank Negara Malaysia”は、国内の仮想通貨の使用をどのようにして効果的に規制するかまだ決断できてはいない。検討している選択肢の1つに、仮想通貨の禁止がある。

マレーシアの仮想通貨市場を規制することは、予想以上に困難に見える。

またこの新しい形のお金の使用に関する積極的なガイドラインを導入している国はまだほとんど存在しないため、他国でも同じ状況が起きている。
 


マレーシア中央銀行にとって可能な選択肢

政府が規制できないものを禁止または禁止することはできないため、仮想通貨を完全に禁止することは不可能だ。

ただし、可能な選択肢としては、銀行が仮想通貨を扱うことの禁止、仮想通貨を使用する顧客口座の閉鎖、ピアツーピア(P2P)による現金の使用を強制することなど、いくつかあげることはできる。

同行の決断にかかわらず、仮想通貨規制に関する問題は、

2017年末に明確になると予想されている。中央銀行が公式に仮想通貨の使用を許可するか規制するか興味深い。
 


他国の仮想通貨の進展

一方、中国が既に仮想通貨の使用を禁止しているとの報道は合っていないようだ。

中国政府が行ったのは、仮想通貨の完全な禁止ではなく、ICOを禁止し、一時的に中国元と仮想通貨との交換を中止することのようだった。


 

※原文

Malaysian Central Bank Close to Deciding On Digital Currency Regulations

https://cointelegraph.com/news/malaysian-central-bank-close-to-deciding-on-digital-currency-regulations


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー