リヒテンシュタイン議会、満場一致でブロックチェーン法を承認 来年1月に施行へ

リヒテンシュタイン議会は3日、ブロックチェーン法とされる、「トークン化およびVTサービスプロバイダ法(TVTG)」を満場一致で承認した

同法は投資家保護の向上やマネーロンダリングの防止が主な目的。2020年1月1日から施行する。リヒテンシュタイン政府はトークンエコノミーに関する包括的な規制を持つ最初の国になるとしている。

同国のエイドリアン・ハスラー首相は、

「TVTGにより、リヒテンシュタインはトークンエコノミーのプロバイダーにとって革新的、法的な場所となった」

と述べた。

TVTGはブロックチェーン技術に限定せずに、「信頼性の高いテクノロジー」を対象としており、今後新たなテクノロジーが生まれた場合でも適応できるという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版