ブロックチェーンは以前のテクノロジーでは考えられない全く新しい方法でデータのセキュリティを確保している

テクノロジーと聞いて、基本的なその役割や機能については知っている人はいるだろう。しかし、ユーザーの多くはその深くまで理解しようと興味は滅多に示さない。

例えば、Eメールを送るにしても、送ったデータは、転送が失敗しない限り受信者に届くことは皆が知っているし、わかりやすい"再送信"のボタンをクリックすれば、送信した場合でも問題が解決できることを皆理解している。しかし、どれだけの人が様々なプロトコルやそこに内包されているテクノロジーについて知っているだろうか?

似たようなことがブロックチェーンにも言える。ブロックチェーン上のデータは不変で透明性が高く、その全てのシステムにおいてハッキングすることがとても難しいということは皆が知っている。しかしどれだけの人が、何故ブロックチェーンがそこまで堅牢なセキュリティを誇っているのか、その理由を知っているだろうか?

今日の世界において、サイバー攻撃の数が着々と増え続けており、利用者のデータはデジタルで管理されているためセキュリティは最も重要だ。ではまずは、ブロックチェーンの利用が如何にデータの保存において非常に素晴らしい選択肢の一つであるか、その説明からしていこう。

完全に信用できるトラストレスなシステム

ブロックチェーンをセキュアなものにしている最も特筆すべき特長は、完全にトラストレスなシステムに基づいているということだ。ブロックチェーン上のデータの読み書きするためのパーミッションはネットワーク上のユーザー全員に平等に分散されている。決定権において、誰一人として特権を渡されてはいない。

ブロックチェーン以前では、まさに信用が不可欠で、それなしのリアルタイムでの情報共有は不可能だった。

ブロックチェーンの出現によって、分散合意の有名な問題として知られる"ビザンチン将軍問題"が首尾よく解決された。複数の部隊に命令を送る"将軍"が、1つの街に攻撃をしかける場合を想定してみよう。もし全ての部隊が同時に攻撃をしかければ、彼らは勝利することが出来るだろう。しかしいずれかの部隊が失敗、もしくは退却してしまえば、この攻撃は失敗してしまう。

将軍によって送