Bitfuryがウクライナ政府とブロックチェーンパートナーシップを締結

4月13日、木曜日。Bitfuryグループが、電子サービスへのブロックチェーンソリューション導入を目指した、ウクライナ政府との提携を発表した。

Bitfuryがウクライナ政府とブロックチェーンパートナーシップを締結

4月13日、木曜日。Bitfuryグループが、電子サービスへのブロックチェーンソリューション導入を目指した、ウクライナ政府との提携を発表した。

ロイターによるインタビューの中で、CEOのValery Vavilov氏は、新たに発表されたイニシアチブは、世界における政府間のブロックチェーン技術への関心が高まっているその証明であると語る。

"ブロックチェーン上にビルドされたセキュアな政府システムによって、何十億もの資産が守られ、透明性や、説明責任を果たす必要性を全うすることで、グローバル規模での大きな社会的、経済的影響を生み出すことができます。"と、同氏は語った。

既存の電子サービスを近代化することは、ウクライナ政府による電子政府実現のための長い間の目標で、Oleksandr Ryzhenko氏により指揮されていた。

ブロックチェーンは、プロセスの効率化と透明性を大きく向上させることができるため、こういった取り組みの中で重要な技術の1つとして機能するはずだ。

新たなプログラムは、ほぼ全ての政府の電子データをブロックチェーン上に置くことを目的としている。政府によってローンチされた似たようなイニシアチブは以前にもいくつか存在したが、土地権利や不動産所有権などの特定のセクターに限定されており、今回のようなものは前例がない。

"我々の目標は明確で野心的なものです―――ウクライナを、世界をリードするブロックチェーン国家にすること―――それが、我々の目標です"と、Ryzhenko氏は語った。

Bitfuryグループは、様々なソフトウェアやハードウェアでのブロックチェーンソリューションを企業や政府、組織や個人に提供している企業だ。

去年の初め、今回よりも少しスケールは小さくなるが、同じようにジョージア州政府と提携を結んだと発表している。