プレスリリース

この数年でブロックチェーンと暗号資産業界は飛躍的進歩を遂げています。特に2017年に同業界がメディアに注目されて以来、政府、企業、さらに個人もが最先端技術であるブロックチェーンと暗号資産に興味を示し、技術探究を行ってきました。

現在では、物流、決済、ヘルスケア、エンターテイメント、ガバナンスまでブロックチェーン技術は様々な業界で導入されています。

このように多くの業界で導入が始まっているにもかかわらず、ブロックチェーン・暗号資産業界の目指す普及率にはまだ遠く、多くの課題が残っています。

セキュリティと使いやすさが一番大きな課題であり、業界が直面しているボトルネックでもあります。

使いやすさにおいては、通常、ユーザーは暗号資産の購入、使用、転送には様々なチャネルを経由する必要があり混乱を招いていました。そこで、ブロックチェーンプロジェクト、United Crypto Alliance(UCA)は誰もが利用できる分散型の支払いトークンの構築を行うことによりこの問題を解決しようとしています。

United Crypto Allianceは新しいグローバル通貨の作成に向け、企業と個人を同じ目標統合することを目指しています。

UCAは強固なネットワーク構築のため、グローバルパートナーと連合(Alliance)のユニットを好リクするという独自のアプローチをとり、長期的なプロジェクトの成功を保証しています。また、プロジェクトの団結を深めるべく、「一緒に強く」というスローガンを世界中で普及させています。アライアンスパートナー、専門家、コミュニティ、UCAカード、UCAアプリ、環境保全技術、オンラインショップ、ATM&POSの8つの柱でU C Aは構築されています。

UCAの特徴の1つは環境保全技術プロジェクトです。独自トークン、UCAコインの利用によって得られる収益の一部環境保全技術の開発の生産資金となります。また、U Aは住宅や産業施設に電力供給を普遍的に展開可能なシステム開発のための資金提供も行います。

UCAはすでに16,000人を超えるユーザーを抱えており、今後2年間で150,000以上のユーザー数になると予想されています。チームの結束力とプロジェクト創設者であるIlhan Dogan氏の力を考えると実現不可能な数字ではなく、プロジェクトの明るい未来が期待されます。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー