DXエクスチェンジがローンチ 仮想通貨を使ったトークン化マーケット、デジタル・ストックを展開

ナスダックのシステムを使用しているDXエクスチェンジは、証券をトークン化する事により、仮想通貨と証券取引所間の架け橋となるべく世界初の試みを行う。

年明け、DXエクスチェンジは1月7日に取引プラットフォームをローンチする事を発表し、新しい金融商品として画期的な試みであるデジタル・ストックについて発表した。

DXエクスチェンジにおけるデジタルアセットの取引については、EFIU (エストニア金融情報部門)により許認可を受けており、EU域内における運営が認可されている。

ナスダックのマッチングエンジンと監視技術を使用することにより、DXエクスチェンジは法定通貨から仮想通貨、仮想通貨から仮想通貨、仮想通貨から法定通貨への安全な取引を可能となっている。さらにDXエクスチェンジは、仮想通貨を支持するユーザー層に向けて、デジタル・ストックといった新たな取引サービスを提供する。

デジタル・ストック取引はCySECの許認可を受けたMPS(マーケット・プレイス・セキュリティ)との連携により、イーサリアムのスマートコントラクトを通じて機能し、ブロックチェーン技術と株式投資の長所をそれぞれ組み合わせたものとなっている。

投資家は、従来の証券取引所に上場されているグーグルやアマゾンなどのトークン(実際の株と1:1の同等の価値)に投資することができる他、配当金も受け取る事が可能。

DXエクスチェ