フランスの警察当局、大規模ボットネットを解体 | 仮想通貨モネロを狙ったクリプトジャックに悪用される

フランスの警察当局は、仮想通貨モネロ(XMR)をマイニングするクリプトジャックに使用されていた大規模なボットネットを解体した。英BBCが8月27日に報じた。クリプトジャックとは、ウイルスなどでコンピュータを乗っ取り、ユーザーの許可を得ずにコンピューターをマイニングに利用することだ。

RETADUP(レタダップ)」と呼ばれるウイルスで、約100カ国で85万台ものコンピュータを感染させていたとされる。猥褻な写真などを添付したウイルスを潜り込ませたeメールを配信し、USBドライブにも感染して拡散していったという。

攻撃者はこのボットネットに入ってプログラムをインストールし、ユーザーの許可を得ずにモネロのマイニングを行っていたとされる。またランサムウェアを通じて資金を奪い、イスラエルの病院や患者からデータを盗んでいたという。

フランスのサイバー犯罪の捜査チームは、パリにあったボットネットのサーバーを検知し、繋がっていた数十万台にウイルス除去プログラムを実行し、ウイルスをリダイレクトさせた。報道によれば、この捜査には米国のFBIも協力したという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版