トルコ:大学に全国初のブロックチェーン研究センター誕生、企業や政府との連携目指す

 トルコで同国初の大学レベルでのブロックチェーンセンターが誕生した。ブロックチェーン技術の知識格差を解消し、企業や政府とも連携して同技術の幅広い展開を目指す。現地ニュースメディアのデイリー・サバが3日に報じている。

 バフチェシェヒル大学にイスタンブール・ブロックチェーン&イノベーションセンターが発足した。センター長のボラ・エルドマル氏によると、同センターは「ブロックチェーン技術の科学研究と情報発信を進め、トルコにおける研究開発とイノベーションの最も重要な中心」を目指すという。

 エルドマル氏は、トルコは「人類を変革する」技術分野でトップになる可能性があると述べる。同氏によれば、センターはブロックチェーン研究を実施していくほか、ユースケースを検討するために、ほかの教育機関や企業、政府機関と協力していく。

 世界中の大学では、分散型台帳技術の研究を本格的に推進しようと動き出している。

 今年だけでも、米国のスタンフォード大学が、イーサリアム財団のサポートも得て、ブロックチェーン・リサーチセンターを設立。またブラジルの大学では、仮想通貨に特化した修士課程を開設している。リップルもブロックチェーンと仮想通貨の教育を支援するため、世界中の17の大学に5000万ドルを寄付している

 トルコの新しい研究センターは、トルコのデジタル経済の推進に大きな努力を払っていると強調するが、その一方でトルコ政府は仮想通貨業界に対しては曖昧な姿勢を示している。昨年11月、トルコ政府の国家宗教局は、ビットコインとイスラム教とは「相容れない」とコメント。しかし今年2月には、トルコの民族主義行動党は、仮想通貨市場の規制を提案するだけでなく、トルコにおける国家発行のデジタル通貨の可能性についても言及している