リップル、大学教育支援に5000万ドル 世界の大学と共同研究など目指す

 リップル(XRP)がブロックチェーンと仮想通貨関連の教育支援に乗り出した。リップル・インサイツが4日付で報じたところによると、リップルは、世界の17の大学に対して5000万ドルの寄付を行うユニバーシティー・ブロックチェーン・リサーチ・イニシアチブ(UBRI)を発表した。UBRIではリップルが技術提供や専門家の派遣を行い、大学と共同でブロックチェーン研究や仮想通貨関連のカリキュラムを組むことを目指す。

 例えば、米プリンストン大学は、UBRIと共同で仮想通貨とブロックチェーン政策の影響について研究する他、米ペンシルベニア大学は、MBAと理系の修士学生を対象に関連業界で職務経験を積ませるためのサポートを受ける。また仏ルクセンブルク大学は、ブロックチェーン研究のプログラムを立ち上げる。

 リッピルは、3月にドナーズチューズ慈善基金を通して米国の公立学校に2900万ドル分のリップルを寄付した。また先月には、米国の俳優であり、ベンチャー投資家でもあるアシュトン・カッチャー氏が野生動物保護の基金に400万ドルをリップルで寄付した