仮想通貨XRP(リップル)で国際送金成功のMercuryFX 「ラグビーW杯までに日本進出」を計画

英国の国際送金サービス会社MercuryFX(マーキュリーFX)の創業者兼CEOであるアラステア・コンスタンス氏が、今年のラグビーW杯までに日本進出を計画していることが21日に明らかになった

リップル社のカスタマー・サクセス部門トップのマーカス・トリーチャー氏との対談の中でコンスタンス氏は、次のように述べた。

「我々の大きな計画は、リップルに支援してもらってラグビーW杯までに日本に行くことなんだ

これに対してトリーチャー氏は、「メモしておくよ」と答えた。

次のラグビーW杯は、日本で2019年9月20日から11月2日に開催される。先日、コンスタンス氏はコインテレグラフ日本版の取材に対して、ラグビーW杯を観戦するために来日する予定であることを明かしていた。

現在マーキュリーFXのオフィスは、ロンドン、香港、ケープタウンにある。

40通貨以上を取り扱い世界中で送金サービスを手がけるMercuryFXは先月18日、リップル社の決済サービスxRapidを使って数秒で8万6633ペソ(約50万円)を英国からメキシコへ送金することに成功。SWIFTを使った従来の送金と比較して、手数料79.17ポンド(約1万1200円)と31時間が節約したと成果を示した

リップル社の国際決済サービスxRapidは、すでに大手金融機関の間で普及が進んでいるxCurrentとは異なり、仮想通貨XRPの利用が義務となる。xRapidでは、クロスボーダー送金の際、銀行が円や米ドルでXRPを購入し、そのXRPを送金先の地元業者が地元の通貨に両替する仕組みを提供する。

決済サービスの民主化

先月のコインテレグラフ日本版とのインタビューで、リップルについて「初めて見た時から恋に落ちた」と語っていたコンスタンス氏。今回の対談でも、リップル社の決済サービスxRapidについて「誰でも参加できる」とし、「決済の民主化を進めるだろう」と再び高く評価した。

「2人の個人がxRapidのネットワークに入ることもできる。決済銀行などを経由しなくてもいいんだ」