Bitcoin.comのロジャー・バー、BCHのトークン発行機能でICO計画

 ビットコインキャッシュの啓蒙者で仮想通貨ニュースサイトBitcoin.comのCEOであるロジャー・バー氏は11日、同サイトの動画投稿で、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の実施を示唆した。

 Bitcoin.comのリードデベロッパーであるコルビン・フレイザー氏とバー氏は、ビットコインキャッシュのブロックチェーンで、トークン生成を可能にするワームホール・キャッシュ・プロトコル(Wormhole Cash protocol)が新しい可能性を開くことを示唆した。

「良くも悪くも、ICOとクリプトキティーズは、将来ビットコインキャッシュに来るだろう」とフレイザー氏は述べた。バー氏は以下のように返答した。

「それらはBitcoin.comにも来るだろう。おそらくはプラットフォームのゲームの一部のために、我々独自のICOをやることを考えている。つまり、トークンを発行し、配当を払い、もしくは、公開市場のトークンを買い戻すためにそのお金の一部を使い…」

 ワームホール開発はマイニング企業ビットメインが主導している。ビットコメインは最近、IPOを実施することでヘッドラインを賑わせた