BTC/USDT

ビットコインの10月17日のローソク足の下ヒゲは、押し目での強い買いを示している。強気派は10月18日に10月15日の高値である62,933ドルを上回ろうとしたが、失敗に終わった。これは、弱気派が62,933ドルから64,854ドルの間のゾーンを守っていることを示している。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

弱気派が価格を58,963ドル以下に沈めた場合、BTC/USDTペアは20週指数移動平均(EMA:55,118ドル)まで下落する可能性がある。このサポートからの強い反発は、センチメントが依然としてポジティブであることを示す。

その後、強気派は頭上のレジスタンスをクリアするためにもう一度挑戦する。成功すれば、70,000ドル、75,000ドルに達する上昇トレンドに入ることができる。

20日EMAのサポートが破られた場合、52,920ドルのブレイクアウトレベルまで下落するかもしれない。このサポートが割れると、50日単純移動平均(SMA)(49,270ドル)まで急落する可能性があるため、目が離せない重要なサポートだ。

ETH/USDT

ETH/USDTは、10月17日に逆三尊パターンのネックラインを守ることに成功したが、反発を持続することができなかった。これは、高値で需要が枯渇していることを示唆している。10月18日には、弱気派がイーサ(ETH)を再びセットアップのネックラインに引き寄せた。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

ネックラインを下抜けすると、20日EMA(3,563ドル)まで下落する可能性がある。上昇中の移動平均線と相対力指数(RSI)がプラスの領域にあることから、市場では強気派が優勢だ。

20日EMAからの反発が強ければ、トレーダーが押し目での蓄積を続けていることを示唆する。そして、強気派は頭上のハードルである4,027.88ドルをクリアしようともう一度試みる。

その場合、ETH/USDTペアは史上最高値の4,372.72ドルを再び試すことになる。あるいは、弱気派が移動平均線の下に価格を沈めれば、3,200ドルまで修正される可能性がある。

XRP/USDT

リップル(XRP)は、10月16日に1.24ドルのレジスタンスを上回ろうとしたが、1.18ドルで挫折した。これが短期トレーダーの利益確定を促し、10月17日に移動平均線を下回る結果となったと考えられる。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

今日のローソク足の下ヒゲは、強気派が心理的水準である1ドルを積極的に守っていることを示している。移動平均線は横ばい推移で、RSIは中間点付近にあるため、短期的にはレンジ内での動きを示唆している。

XRP/USDTペアは、数日間、1ドルから1.24ドルの間で固まっている可能性がある。1.24ドルを上抜けてクローズすれば、1.41ドルへの上昇の可能性への道が開けるが、1ドルを下回れば0.85ドルまで引き下げられる可能性がある。