英最大手旅行管理会社、ビットコインでの支払い受付開始

英最大手旅行管理会社のコーポレートトラベラーが、ビットコイン(BTC)での支払いを受け付ける。同社が4月15日付けのプレスリリースで発表した。

コーポレートトラベラーは中小企業向けの商業旅行管理サービスを提供する会社で、今回、仮想通貨の決済会社ビットペイとの提携を発表。これについて同社総支配人のアンディ・へグリー氏は、以下のように述べている。

「我々の旅行コンサルタントが商業旅行を予約する際、顧客からビットコイン決済の要望が増加しているとわかった。ビットペイを選んだのは、管理しやすく、顧客から受理したビットコインやビットコインキャッシュを現金化して我々の口座に入れるすべての過程を操作できるからだ」

プレスリリースによると、仮想通貨市場の価格の不安定な面については、ビットコインを即座に英ポンドに換金するので不安材料でないとしている。換金にあたって、ビットペイに1%の手数料が支払われるといい、クレジットカード手数料よりも安価だとしている。

旅行業界においては、顧客からの要望を受けて、他の企業や団体なども仮想通貨での決済の受け付けを開始している。昨年3月には、ドイツ観光局(GNTB)が、サービス支払いにビットコインなどの仮想通貨を受け付けると発表

昨年8月には、オーストラリアのクイーンズランド州政府が、予算830万豪ドル(約6億8000万円)のイノベーション基金のうち10万豪ドルを仮想通貨のスタートアップ企業に供与したと発表していた。

ビットペイは今年1月、2018年の取引量が約10億ドル(約1090億円)を記録し、売上高が過去最高だったと発表している。また、ウィキペディアを運営するウィキメディア財団と提携し、仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)での寄付を受け付けることを発表していた。


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Largest Travel Management Firm in UK Accepts Bitcoin