高値で新たな需要 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

ビットコイン(BTC)は、2、3日間の苦労のすえ、20日間EMA(青色)を超えた。高値で新たな需要が生まれたことを示している。8120ドルを超えたら、強気派は9053.12ドルまで上昇するだろう。この水準を超えたら、ヘッドアンドショルダーが無効になる。ポジティブな傾向だ。その次のターゲットは1万ドルだ。

BTC/USD

一方、もしBTC/USDが20日間EMAの上の水準を維持できなかったら、弱気派がヘッドアンドショルダーのネックラインまで下げるかもしれない。もしUTC時間でネックラインの下で取引を終えたら、ヘッドアンドショルダーの完成となり、ターゲット価格は5371.12ドルになる。

しかし、強気派は7413.46ドル付近でサポートを提供するかもしれない。その下は50日間SMA(赤色)だ。もし双方のサポートが崩れれば、5900ドルまで下がるかもしれない。

現在、適当な買い場を見つけられていない。静観した方がよいだろう。

ETH/USD

イーサリアム(ETH)は、225.39ドルと280ドルの広いレンジで動いている。20日間EMA(青色)は横ばいにあり、RSI(相対力指数)は中立点の上にある。今後2、3日間、保合いが続くかもしれない。ETH/USD

ETH/USDは、20日間EMA(青色)を突破した。261.59ドルとその上では280ドルまで上昇するだろう。280ドルを超えて取引を終えたら、322.06ドル、その上は335ドルまで上昇するかもしれない。

しかし、もし280ドルを超えられなかったら、225.39ドルまで下がるかもしれない。このサポートと50日間SMA(赤色)を下回れば、さらなる売り圧力にさらされることになるだろう。

下降局面における次のサポートは、167.20ドルだ。かなり低い地点だ。

今の所適当な買い場が見当たらないので、静観する。

XRP/USD

強気派は、リップル(XRP)を対称的なトライアングルの中に置いている。しかし、20日間EMA(青色)で険しいレジスタンスに直面している。過去2日間、ボラティリティ(変動幅)が小さくなっている。

XRP/USD

現在、強気派がXRP/USDを20日間EMA(青色)を上回る水準に押し上げようとしている。もし成功すれば、0.43196ドルまで上昇し、その上はトライアングルのレジスタンス線まで上がる可能性がある。

一方もし20日間EMA(青色)から下がれば、弱気派は0.35660ドルの強いサポートを下回るだろう。それゆえ、トレーダーは、0.35ドルでストップロスをキープした方が良いだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版